人気ブログランキング |

2014年 04月 28日 ( 1 )

夫-サッカーW杯の「マッチフラッグ」作成ワークショップ

サッカーW杯の「マッチフラッグ」作成のワークショップに参加しました。

c0137062_1385786.jpg


講師が、芸大教授の日比野克彦さんだったのでどんなワークショップをやるのか
興味もあり応募しました。

c0137062_1343231.jpg


参加者は、ものつくりが好きな人やら、関係者やら、年代は、上は60代、下は5歳までと
老若男女。色々な方々が集まりました。

「マッチフラッグ」とは?ですが、
マッチフラッグとは一枚の布のうえに、試合で対戦する両国のナショナルカラーを
用いて作る旗のことです。
ピッチ上でボールを通じて交流する選手たちのように、布の上で
両国のナショナルカラーが交流します。

とのこと。

今回は、ブラジルで六月に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)を前に、
試合で対戦する両国のナショナルカラーを使った旗「マッチフラッグ」を作るイベントでした。
大きな白い一枚の布をベースに、対戦国の色布を渡され、それを切って貼り、フラッグを作ります。

4人ほどで1枚のフラッグを作りました。
私たちのグループは、大学生の女の子、高校生の女の子、小学4年生の男の子、そのお母さん、
と私の5人でした。

まずは、デザインを考えましょうと私から提案。
紙を渡してそれぞれでデザインを練って皆の前で発表。
その中からみんなでいいと思ったものを選んで早速制作に取り掛かりました。

高校生の女の子のデザインを元に一枚の大きな白い布へ下絵を描き、
次に下絵を元に対戦国の色の布を切って木工用ボンドで貼っていきます。

c0137062_1361836.jpg


私たちのグループは、担当制をとり、イラストだったり、文字だったり、それぞれの場所の
ものを作って最後にみんなで貼っていこうという手です。

こんなにも年代の離れた方々と一つの作品を作るということは初めての経験だったため、
とても楽しく、最後は和気あいあいと作れたことがうれしかったです。
また機会があったらこんなイベントに参加したいと思いました。
息子ももう少し大きくなったら一緒にやりたいですね。

最後の方には、さいたま市長の清水さんが来たり、Jcomの取材やら、
東京新聞社、埼玉新聞社の方々も取材に来て、結構盛り上がっていました。
どこかで私の顔が見えるかもしれません・・。

c0137062_134548.jpg


ちなみにフラッグは、今はうらわ美術館に貼られているそうです。
行く人がいたら見て下さい。
ゴールデンウィーク中は、「サッカー展」という企画展示中です。
開館15周年記念展のため4月29日(火祝)~5月6日(火祝)の間は
観覧料無料とのこと。



是非。

c0137062_1352197.jpg

by ehon_yuriko_igawa | 2014-04-28 13:08 | 日々