<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夫秋の京都に行く。

秋の京都に行ってきました。
京都自体は、好きで学生の頃は、青春18切符を使って
品川から大垣行などに乗って鈍行でのんびり行っていました。
寝袋持ってよく駅で寝たもんです。

社会人になってからは、会社の展示会等で毎年大阪へ出張に行くことが多く、
仕事が終わった次の日に有休をとって京都に遊びに行ったりしていました。

今回の旅の目的は、高校の友人である彫刻家の安部大雅氏の個展を観ることが
一番の目的です。安部氏は、新進気鋭の彫刻家です。
21歳前後からイタリアに行き、石の彫刻を学び、その後もイタリアにて生活し、
帰国間際には、アッシジに自らの彫刻が設置されるなど
海外でもワークショップに呼ばれるなど彫刻界では、一目置かれる存在。
アッシジに日本人の作品が置かれるということ自体すごいことで
日本で言えば東大寺にイタリア人の作品が永久的に飾られるということ(?)のようなものです。

町谷の住居の一角を画廊に改造した雰囲気のいい場所でした。
そこに置かれることを考えながら作品作りをしたイメージが伝わってくるような感じの作品群。
大理石の優しい肌質を見せると思いきや荒々のある削り。
これからが楽しみです。



c0137062_18285927.jpg



c0137062_18291071.jpg



c0137062_18373327.jpg


さて、京都の街はどうだったかというとどこもかしこも人人人人。
普段だったら考えられないくらいの人だらけ。
話には聞いていましたが、こんなに人がいるとは思ってもいませんでした。
いつも行く京都は、静かでのんびりした時間が流れる所なのですが、
この時期は別のようです。

嵐山の渡月橋に向かう道は、歩行者天国になっており、
全盛期の竹下通りのようでした。渡月橋は、人の流れに身を任せないと動けません。
竹林に向かう道などは、道いっぱいに人の流れ。
この人の多さにげんなりしてすぐに市内に戻ってきちゃいました。

ただ紅葉はどこも真っ最中できれいだったのですが、
もみじの赤が鮮やかではなく、枯れもみじっぽい赤茶けた色ばかりなのが寂しかったですね。
私が見た一番の赤の鮮やかさのあるもじみは、真如堂内にある一本の小さなもみじでした。
有名な東福寺は、期待していった分、あまりきれいでなかったので落胆も大きかったです。




c0137062_1833919.jpg
c0137062_18333126.jpg

c0137062_18334499.jpg
c0137062_18335364.jpg
c0137062_1834548.jpg
c0137062_18341660.jpg



バスなんかも乗車拒否されるほどの乗車率だったので、バスに乗るのも大変でした。
お寺でゆっくりお茶でもしたい気分でいくのなら絶対この時期に行ってはいけないことをしりました。
秋の京都は、人気があるのはこれでよくわかったので秋に行くのは、たぶんこれっきりでしょうね(笑)。
ちなみに私のお勧めのお寺は、有名所ばかりで申し訳ありませんが、法然院と南禅寺と永観堂です。

これは、京都大学の近くにある吉田神社で購入できるおみくじ。
底に穴があいており、そこにおみくじがはいっています。
おみくじをとったあとは、記念のお土産に。起き上がりこぶしになっています。



c0137062_18314663.jpg




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
[PR]
by ehon_yuriko_igawa | 2007-11-25 18:41 | 日々

かめかめとぴよぴよ

ポチポチの絵本の中に登場する
かめとひよこのキャラクターがいます。

この子たちは、絵本の中でいい働きをしていて
この子たちの仕草をみるのも楽しいです。
次回の絵本の題材にしてもいいのではないかな~と
思い提案するのですが、うちの奥さんは話にのってきません。

暇な時にラフを描いて机の上においておこうと思います。

今製作中の絵本の中にいるかめかめ&ぴよぴよです。


c0137062_0443520.jpg




先日絵封筒s展に行った時に展示されていたいい味のパンダの絵封筒。
結構面白い作品がありました。
私が描いたおっさん、入ってすぐに展示されていました。
皆が観て笑っていたのが嬉しかったです。


c0137062_0394948.jpg





にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
[PR]
by ehon_yuriko_igawa | 2007-11-20 00:49 | 絵本

ギャラリー巡り

今日は、友人の個展と、ダンナが出品している絵封筒s展へ行ってきました。

今回の絵封筒展は第2弾で、主に一般公募の作品が飾ってあります。
ダンナの作品は、頭のはげた酔っ払いおやじの絵とへんなオバケの絵の作品で、
結構目立つところにあって「おぉ~」と思ったのですが、
作品返信用の封筒にも絵を描いたせいか、なぜか返信用の封筒も
飾ってありました。


c0137062_16460.jpg


個展は、長谷部真美子さんと、中村真一郎くんの展示を観に行きました。

長谷部さんは学生時代の友人で、今回は立体イラストレーションが展示されて
おります。雑誌の表紙やポスターなど幅広く活躍されていて、それらのお仕事の
作品とオリジナルの作品がズラリと展示されています。
動物から家、雑貨、人、色々なものが長谷部さん独特の柔らかなタッチで、
表現されていて、かなり見ごたえがあります。


c0137062_163726.jpg


中村くんは、絵本のワークショップ時代のお友達で、絵本やイラストで活躍されています。
今回は紙芝居のお仕事の作品と、オリジナルのお話の作品、雑貨などが展示されていました。
私は紙芝居の仕事はやった事がなかったので、絵本とはまた違うお仕事のお話が聞けて
よかったです。
オリジナルの作品は「キリンの目」という物語で、そのキリンの絵がとても素敵でした。
キリンの目ってこんなに綺麗なんだなぁ、、、と改めて感じさせられました。


c0137062_165269.jpg



絵封筒展は、逓信総合博物館(ていぱーく)
http://www.teipark.jp/event/event.html#1


長谷部真美子さんの個展は、表参道 Pinpoint Gallery
http://www.pinpointgallery.com/index.html

中村くんの個展は 、お茶の水 美篶堂でやっております。
http://www.misuzudo-b.com/


もし機会がありましたら、ぜひ観にいってください。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
[PR]
by ehon_yuriko_igawa | 2007-11-09 01:13 | 日々

ライオン君壊れる。

旦那の乗っている車は、結構な頻度で壊れます。
別に車が動かないとか止まるとかいうものでないのですが、
ウインカーがつかないとか、バックライトが急に消えるとか。
でも、このまま走ったら周りの車にも少々迷惑で、警察に見つかったら
捕まってしまうのです。

いつも壊れると旦那がパーツを外してパーツを磨いたり、
交換したりするのですが、直ったり、なおらなかったり・・・。
私は、新しいパーツを買えば~、と言うのですが、
旦那は、壊れているのを直すのも楽しそうで、
意見は受け入れてくれようとしません。
プラスチックのパーツが壊れていてもそのまま。

フランス生まれのライオン君は、日本製より壊れやすいのでしょうか?

c0137062_21371691.jpg


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
[PR]
by ehon_yuriko_igawa | 2007-11-04 21:38 | 日々

ポトスと使用済み絵具パレット

うちでは、実家からもらったポトスを育てています。
初代ポトスは、水のやりすぎで元気をなくし、
実家での療養を余儀なくされました。

二代目ポトスは、元気に育ち、毎日もりもりと伸び続けています。
日々見ていると葉が大きくなり、ツルが伸びていくのがよくわかります。
毎日見ているとやっぱり生きているんだなと再認識。

もう一枚の写真は、妻の絵の具のパレットです。今は、新作の制作真っ只中。
パレットには、筆跡が残り、エネルギッシュな色の軌跡が垣間見えます。
こんなふうに使用したゴミのパレットですが、
意図したものではなく、こんな風に偶然できた色の重なりが結構好きですね。

ポトスと使用済み絵具パレット・・生き生きとしています。





c0137062_1311171.jpg




c0137062_1312664.jpg



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
[PR]
by ehon_yuriko_igawa | 2007-11-01 13:23 | 日々